詳しくない。

葬儀屋吹田

岩手県釜石市などの都市部におけるお通夜では、僧侶(坊さん)による読経というのはあまり行われていませんね。

岩手県釜石市内における葬儀シーンでは、お通夜自体を開式する時間というのを特に定めずにいることが多いようですよ。

ゆえに、岩手県釜石市内では、弔問客が夜半までお通夜の会場を訪れることも多々あったりします。

岩手県内陸部では、故人様のご臨終から葬儀本番までの間を数日ほど空けるようになっていまして、その数日の期間内に、複数回にわたってお通夜が営まれたりします。

また、岩手県盛岡市周辺の葬儀では、その他大勢一般人の会葬者連中までもが、故人様の火葬会場にて大参集いたします。

その他大勢一般人の会葬者連中の数ときたら、葬儀での参列者と同じ数、もしくは葬儀での参列者の人数より多いほどですからね!

そのため、お通夜会場といえども、葬儀・告別式と同じ様に受け付け台を設置しておき、会葬返礼品などをあらかじめ準備しておくような必要性があったりしますね。

まあ、お通夜受付の担当者あたりは、故人様の親族内にいる若い衆を誰でもいいから適当にピックアップして、いくらか小遣いを渡す感じで依頼している感じなんじゃないでしょうかね?

そこまで詳しくなくてすいませんm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*