嫁の仕事

 

日本人男性は、生涯ずっと姓名フルネームか名字のみの印鑑を持ってさえいればいいわけですよ。

一方、日本人女性の印鑑を考えてみたら、結婚や離婚を経験すると名字は基本的にころっと変わってしまいますからね。

やはり日本人女性は、最初から下の名前で印鑑を作成しておいたほうが、後々の人生に影響する印鑑の段取りとしては素晴らしいことであるはずですもんね。

そりゃ、一つ屋根の下で暮らす夫婦間で印鑑の取り違えなんかが起きてしまったら、誰にも文句は言えないわけですし、何よりアホみたいですからね(; ̄ェ ̄)

やっぱり日本人女性の銀行印あたりは、あらかじめ下の名前のみで作成しておいた方が都合がいいはずですよね!

特に、銀行印や実印のようなとりわけ重要な意味を持つ印鑑というものは、しっかりと区別方法、判別方法を記録して、自分なりに保管、管理をしておかないといけませんよ。

だって、後になって夫婦どちらの所有の印鑑なのかがサッパリわからなくなってしまいますからね。

入籍、結婚したりすると、日本人女性は夫の印鑑まで管理、保管しなければいけない羽目になります。

だから家庭に入った奥様は、夫婦それぞれの印鑑をごちゃまぜに混同しないように日頃から注意することが非常に重要なんです。

通販ハンコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*