褒めちぎる

犬を育てる際は、褒めちぎるのが良いと思います。

一般的に、トイプードルは聡明で陽気な犬の1つです。

そんな点をさらに伸ばすようなしつけやトレーニングが最適ではないでしょうか。

基本的にポメラニアンは賢い犬ということもあって、子犬としてしつけしていくことは無理ではありません。

できることなら最低限のしつけは、6か月ころくらいまでにしておくのが良いと言われています。

チワワが人間社会で協調して生きるには、それなりに社会性を体得しなければ駄目だと思います。

なので、子犬のうちからしつけるよう努めないといけないと思います。

犬のしつけに関しては、吠える・噛むという行為は、どうしてそうするかを見極め、「吠えるのは悪い行為」「噛むのはダメな事」としつけていくことが必要になってきます。

しつけ教材のようなものは「吠える愛犬をどう矯正するか」といった方法だけに拘っています。

が、吠える原因が放置されたままであるんだったら、しつけの障害になります。

とりわけ子犬のうちは、うるさく指導したくなくなるのも当然です。

しかし、幼くても、その時に必要なしつけなどは完ぺきに実行するのが最適でしょう。→犬の無駄吠えを防止する首輪

チワワを飼い始めて、まずしてほしいのがトイレのしつけであると想像します。

呑み込みの早い子やそうでない子まで、いろんなタイプの小犬がいるから、時間がかかっても心配せずに丁寧にしつけていくべきです。

よく、チワワのしつけの難点として、「吠え過ぎ」ということが言われ、外で周りの人や他の犬にすごく吠えるようになって、しつけをするべき犬も少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*